オーストラリアGP

 

 

コースデータ

  • コース名 アルバートパークサーキット
  • コース全長 5303m
  • 周回数 58周
  • 総距離 307km
  • 最多勝ドライバー M.シューマッハー(4勝)

 

 

 

毎年シーズン開幕戦として親しまれているオーストラリアGPは、メルボルン市街路を利用した特設サーキットで開催される。

 

街からトラム1本でアクセス可能と環境も良く、世界中からファンを集める。

 

コースと観客席の距離が近いことも特徴で、速さを増した2017年のF1マシンのダイナミックな走りを堪能するには絶好のロケーションだ。

 

ファンサービスにも熱心で場内には様々なアトラクションが用意され、コース上では木曜日からサポートレースや

 

二人乗りF1マシンのデモ走行などが行われている。

 

夏の終わりに差し掛かる南半球の日差しに照らされると水と緑豊かな美しいサーキットだが、

 

季節の変わり目だけにすぐそばの海から湿った風が吹き付け、天候が急変することも多い点には要注意。

 

 

 

 

 

コース解説
路面はバンピーでセーフティカー導入率も高い


メルボルン市内の公園サーキットが開幕戦の舞台となるのは20回目、

 

週末に毎年のべ30万人の観客が訪れる。

 

にぎわう雰囲気のなかで戦闘開始、テスト後にアップデートされた実践バージョンのシステムチェックから。

 

コースはバンピーな部分があり、舗装路面がコーナーごとに変化、新人たちはラインを考えないといけない。

 

2016年の金曜日は雨がらみ、過去10年でウェットセッションは13回と多く、ドライ条件でのデータ収集効率がポイント。

 

チーム力とドライバーふたりのコンビ能力が問われる。

 

ロングコーナーは少なくストップ&ゴー・タイプ、昨年ルイス・ハミルトンは予選まで全セッショントップだったが、

 

スタート失敗、ターン1へのダッシュ、そのブレーキング、ワイドマシンでのバトル、接触などリスクが高そうだ。

 

今年主催者側は4秒タイムアップと予想、タイヤバリア5万本増設など安全対策を実施。

 

エスケープゾーンが狭いところもありセーフティカー導入率70%

 

開幕からサプライズも・・・・

 

 

 

アルバートパークサーキット データ

優勝者
年度 ドライバー チーム タイム

2016

ロズベルグ

メルセデス

1時間48分15秒

2015

ハミルトン

メルセデス

1時間31分54秒

2014

ロズベルグ

メルセデス

1時間32分58秒

2013

ライコネン

ロータス

1時間30分3秒

2012

バトン

マクラーレン

1時間34分9秒

 

 

 

コースレコード
年度 ドライバー チーム タイム

予選

2011

ベッテル

レッドプル

1分23秒529

ファステストラップ

2004

シューマッハー

フェラーリ

1分24秒125